コース/募集要項

ドローン&ロボティクス専攻

ドローンの操縦もできる
最先端のエンジニアを目指す

  • 映画映像
  • 輸送物流

目指せる職業

ドローン パイロット/ドローンエンジニア/空撮カメラマン/映像ディレクター/ロボットクリエイター/ロボットエンジニア/ロボットデザイナー/プログラマ 他

取得可能な資格

高校卒業資格/航空検定試験/情報処理技術者試験/ITパスポート試験/マルチメディア検定/DPA認定試験 他

  • ドローンの操縦もできる最先端のエンジニアを目指す
  • 時間割の例
  • 募集要項
  • よくある質問

主なカリキュラム

  • ドローン操縦
    ドローン操縦

    ドローンの操縦スキルや整備・点検の技術、ドローンを扱うのに必要な航空法や電波法といった法律や安全運行の知識について、プロとして求められるレベルまで習得します。

  • プログラミング
    プログラミング

    ドローンやロボットの制御やソフトウェアの機能拡張のためのプログラミングやAIについての技術・知識を学習します。少人数クラスで基礎から丁寧に指導するので初心者でも安心です。

  • テクノロジー&デザイン
    テクノロジー&デザイン

    空撮を取り入れた新しい映像演出をはじめ、映像の編集技術やCADによる製品デザインなどデザイン力を養う授業も行い、幅広いニーズに対応するスキルを習得します。

  • ロボット工学
    ロボット工学

    ロボットづくりのベースとなる機械、電子、制御、情報などについての技術や知識を実習を通じて習得します。ロボットコンテストなどのコンペにも挑戦していきます。

時間割の例

pc時間割表 sp時間割表

※上記時間割は現在想定している参考例ですので、変更する場合があります。

※高校一般科目…提携するN高等学校のサポート授業です。

  • point1
    point1 画像

    専門技術の比率は77%。講師はすべて現役のプロフェッショナル。

  • point2
    point2 画像

    課外授業や合同チーム制作、イベントなども充実。

  • point3
    point3 画像

    安心の高校卒業資格取得サポート。

募集要項

概要

入学資格

ドローン、ロボットに興味をお持ちの方。
経験、知識の有無は不問

※アレルギーをお持ちの方、または色覚に支障のある方は事前にご相談ください。

コース概要・定員

開講:2018年4月
通学年限:全日3年制
通学日数:週5日通学
通学校舎:バンタン高等学院 中目黒校舎
定員:20名

入学選考方法

面接試験
コミュニケーションを通して性格、意欲、健康面、適性などを確認します。

入学試験日

2017年:8月6日(日)、9月3日(日)、10月8日(日)、11月5日(日)、12月3日(日)
2018年:1月7日(日)、2月4日(日)、3月4日(日)
※欠員募集:3月25日(日)

出願手続き/入学金・学費一覧

出願手続き

出願料:2万円
提出書類:入学願書/写真4枚(タテ4.0cm×ヨコ3.0cm)

出願受付期間

AO入試
第一期募集:2017年7月1日(土) ─ 2017年7月31日(月)《必着》
第二期募集:2017年8月1日(火)─ 2017年9月30日(土)《必着》
第三期募集:2017年10月1日(日) ─ 2017年11月30日(木)《必着》
第四期募集:2017年12月1日(金) ─ 2017年12月25日(月)《必着》
第五期募集:2018年1月5日(金) ─ 2018年1月31日(水)《必着》
第六期募集:2018年2月1日(木) ─ 2018年2月28日(水)《必着》
欠員募集:2018年3月1日(木) ─ 2018年3月20日(火)《必着》

※定員に達し次第、募集を終了いたします。ご了承ください

入学金

10万円

学費

設備充当費:16万円
授業料:74万円
実習費:10万円
合計:100万円(税込)

※上記以外に教材費を納入いただきます。(22万円程度)
※上記の費用は、バンタン高等学院への納入となります。
※一度納入いただいた出願料及び入学金は理由の如何を問わず返金できません。

参考N高等学校費用一覧

学費

N高料金表 N高料金表

※上記費用は高等学校等就学支援金が適用された場合の実質負担額です。(世帯年収910万円以下の家庭が対象)
※上記の費用はN高等学校への納入となります。費用は年度毎の納入です。
※費用は入学時に全額納入いただき、就学支援金については手続き後、国からの支給時期にあわせて還付いたします。
※沖縄伊計本校でのスクーリング参加時には参加費と往復の交通費が別途必要になります。
※高校在籍経験者、高校転学者の方は、高卒資格取得の単位数や学費、高等学校等就学支援金が上記とは異なる場合があります。
※一度納入いただいた検定料及び入学金は理由の如何を問わず返金出来ません。
※学費等納入金は在学中に改定される場合があります。予めご了承ください。
※詳細はN高等学校の募集要項をご確認ください。

教育ローン・学費クレジット

学費クレジット

「国の教育ローン」及び、「学費クレジット」・「教育ローン」は皆様の経済的な負担を軽くして、学費などにおいて、学校生活をサポートしていく制度となっております。
特に「国の教育ローン」は公的な融資制度として安心してご利用できることや、低金利で手続きも簡単です。ぜひ自分のご条件・ご希望に合ったプランをお気軽にご利用ください。

各種クレジット一覧

国の教育ローン

日本政策金融金庫

固定低金利で、学費以外(受験にかかった費用・入寮費・定期代など)にもご利用いただけます。

日本政策金融金庫

教育ローン

三菱東京UFJ銀行

担保・保証人なしで申込み可能。

三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行

低金利で無理なく返済したい方。

三井住友銀行

スルガ銀行

スピード審査で手続き簡単。学費以外(受験にかかった費用・下宿費・引越費・定期代など)にもご利用できます。

スルガ銀行

学費クレジット

(株)ジャックス

スピード審査(1〜2日)。
最長15年での分割返済が可能。

(株)ジャックス

(株)オリエントコーポレーション

追加利用の際もお支払いを一本化できるので安心です。

(株)オリエントコーポレーション

(株)セディナ

スピード審査で手続き簡単。
webでも申込み手続が可能。

スルガ銀行

※金利は随時変動致しますので、正確な適用金利は各金融機関にてご確認ください

よくある質問